避難誘導標識

蓄光式誘導標識と設置場所の重要性

先日子供の授業参観がありました。

理科の授業で熱の伝わり方と酸素について。

その中で先生が、火事になると煙は上に行くので低い姿勢で逃げてください!

新鮮な酸素は下に行くので場合によっては這いつくばるように逃げてくださいね!

と説明していました。

確かに低姿勢で逃げるのはよく消防の方や授業の中でも聞きますよね。

でも!!

ふと学校の床をみたら

床には誘導標識が無くて、、、、

煙が溜まるはずの頭上や、電気配線でもなく、蓄光でもない誘導標識のみ。

学校に限らず、公共施設や、ショッピングモールなどにある誘導標識は電気式の頭上にあるタイプがほとんど。

煙は上に行くんじゃないのかな?そしたら見えなくなるのでは!?

もし、火事や地震で停電になったり、電気トラブルが起きたら電灯ってほんとにつくのかな?

そんな疑問が心の中に沸々・・・

弊社が提案している床面式誘導標識は日中の電気や太陽の光を集めて

暗くなると光る!蓄光式誘導標識(ひヵいンどォ)

電気配線を使わず、床面への設置が可能です!

屋内・屋外用ともお取り扱いしております。

弊社商品主なメリット

・特許取得商品

・高輝度、高残性、耐久性に優れている

・ランニングコスト削減(電気メンテナンス等不要)

・設置する場所を選ばない

・電気を使わないので地球に優しくecoな商品

現在、屋内用避難誘導は豊見城市市役所、宮古陸自駐屯地等に設置しております。

その他屋外用の設置事例は実績からもご確認頂けます。

御見積もりは勿論、実際どのくらい光るのか?規格サイズや特注サイズ、オリジナルデザインなどのお問合せもお気軽にお問合せ下さい!

沖縄県那覇市安謝2-3-7

アールスリー株式会社

098-943-4454

#沖縄蓄光誘導標識#蓄光誘導標識はアールスリー株式会社#蓄光#光る石#蓄光式誘導標識#沖縄アールスリー#地球に優しい#電気を使わない誘導標識

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP